免疫 電気 泳動。 免疫電気泳動 〔特異抗血清による同定〕

判読

😃 A00 旧容器記号 X ポリスピッツ 貯蔵方法:室温 臨床意義 免疫電気泳動は電気泳動では分離できない微量蛋白成分を抗原抗体反応との組合せにより,血漿蛋白の半定量的な同定を行う検査法である。 。

15
異常値を示す病態・疾患 減少する疾患 免疫グロブリンの減少する疾患 1 原発性免疫不全症, 2 二次性免疫不全症, 3 体外への漏出,ネフローゼ症候群等 上昇する疾患 免疫グロブリンの増加する疾患 - 1 単クローン性の増加 原発性マクログロブリン血症, 多発性骨髄腫, 良性M蛋白血症 上昇する疾患 免疫グロブリンの増加する疾患 - 2 多クローン性の増加 リンパ増殖性疾患, 悪性腫瘍, 慢性感染症 参考文献 測定法文献 大谷 英樹 他:日常検査法シリ-ズ11 免疫電気泳動 2版 8~26 1977 臨床意義文献 河合 忠:血漿蛋白 その基礎と臨床 医学書院 531~559 1969 関連項目• 3 M蛋白の同定法 M蛋白は,免疫電気泳動検査で正常の免疫グロブリンの沈降線とは異なる形態 M-bow を呈するか,全く新しい沈降線として観察される。

免疫電気泳動

🤞。 。

4

判読

🤟。 。 。

。 。

免疫電気泳動

🤭。

15

免疫電気泳動 〔特異抗血清による同定〕

🤔。

5

判読

☎。

9
。 。

判読

🙄。 。

8