鈴木 涼 美。 鈴木涼美氏が考察「許されるおじさん、許されないおじさん」 (1/4ページ)

「正しさ」から解放されないと恋愛なんてできない…【鈴木涼美】|ウートピ

🤛 著書 [編集 ] 単行本 [編集 ]• 経歴 [編集 ] 1983年7月13日 にで 名誉教授を父に、翻訳家を母に生まれた。 『身体を売ったらサヨウナラ 夜のオネエサンの愛と幸福論 幻冬舎文庫 』(2016年12月6日、幻冬舎)ISBN 978-4344425514•。 『ニッポンのおじさん』(2021年4月21日、)ISBN 978-4041111444 脚注 [編集 ] [] 注釈 [編集 ]• 「前にあなたが詐欺やテロリストで世間からバッシングされても、私はあなたの娘としての素晴らしさをもって心の中で信じて守ってあげられるかもしれないけど、AV女優になったら守るすべを失った、って話したじゃない? ヤクの売人でも豊田商事みたいな悪徳商法でも、売りはらった後はお金しか手元に残らないから、償い続けたらいつかその過去を払拭するっていうの? そういうことができるかもしれないけど、身体やオンナを売るっていうことはさ、お金はもらうけど、それで何かを売り渡してはいるけど、それでも身体もオンナも売る前と変わらずあなたの手元に残るからね、だから一生消えないと思うのよ」 「もう少し元気になったらね、私、命が尽きるまでに、児童文学者で、女子大で保育士や幼稚園教諭を目指す娘たちに、絵本の素晴らしさを教えている立場でありながら、娘をよりによってAV嬢に育て上げてしまった、その責任について書いておかなきゃいけないと思っているの」 「AV女優になられるぐらいなら、クスリの売人にでもなったほうがマシ」と言わんばかりの、娘にしてみればかなり厳しい言葉だが、鈴木氏自体はこの言葉を親としての愛ゆえのものであると受け止めていた。

左・紗倉まな『高専生だった私が出会った世界でたった一つの天職』(宝島社)/右・鈴木涼美『愛と子宮に花束を 夜のオネエサンの母娘論』(幻冬舎) 「私はあなたが詐欺で捕まってもテロで捕まっても全力で味方するけど、AV女優になったら味方はできない」 元AV女優で元日本経済新聞記者という異色の経歴をもち、現在は作家として活動している鈴木涼美は、先日出版したエッセイ集『愛と子宮に花束を 夜のオネエサンの母娘論』(幻冬舎)のなかで、AV出演の過去が家族に知られた結果、母から上記のような言葉をかけられたと明かし、読者を驚かせた。

「正しさ」から解放されないと恋愛なんてできない…【鈴木涼美】|ウートピ

🚒。 。 。

。 。

ギャルから慶応合格、AV女優から日経記者 鈴木涼美の「夜と昼」

🌏。 。 。

8
。 。

鈴木涼美とは

👍。 。 。

2

AV親バレ問題で浮き彫りになった鈴木涼美と紗倉まなの違い…AVへの嫌悪を受け入れる鈴木と偏見に抗い続ける紗倉|LITERA/リテラ

🙂。 。

16

「正しさ」から解放されないと恋愛なんてできない…【鈴木涼美】|ウートピ

🐾。 。 。

14

鈴木 涼美 Suzumi Suzuki

🌭。 。 。

20

「正しさ」から解放されないと恋愛なんてできない…【鈴木涼美】|ウートピ

🤪。

「正しさ」から解放されないと恋愛なんてできない…【鈴木涼美】|ウートピ

😆。 。

11
。 。

鈴木涼美氏が考察「許されるおじさん、許されないおじさん」 (1/4ページ)

⚒。

。 。

鈴木涼美氏が考察「許されるおじさん、許されないおじさん」 (1/4ページ)

👀。 。