八幡 ss。 八幡「人類最強になってしまった」

【八幡SS】比企谷小町「お兄ちゃん、大丈夫?」【俺ガイル】

😄 23 ID:0cNwdzKS0 三浦「あーしはね、あんたが大っ嫌い」 八幡「………あぁ、そうだろうな」 八幡「俺はお前よりも由比ヶ浜の近くにいることが出来たのに」 八幡「それを遠ざけて、結局由比ヶ浜を傷つけた」 三浦「は?何言ってんの?あーしそんなことが言いたいんじゃないんだけど」 八幡「はっ?」 三浦「あんたが何かいろいろ考えすぎる性格なのは知ってるよ。 56 ID:6DnWfAJG0 スタスタスタ なんとか相模の目を盗んで教室から出ることができたが・・・ ま、まず頭を整理しよう。

20
私基本下の名前で呼ぶ人だから」 雪乃「どういうことかしら?」キッ 八幡「いや、だから」 雪乃「あなたストーカーなの? だとしたらしかるべく手段を」 八幡「ち、ちげーよ。

八幡(21)「俺がボディーガード?」陽乃(24)「そうだよ♪」

😇 84 ID:m3O8c4HG0 結衣「そういえば平塚先生恋人できたのかな?」 八幡「由比ヶ浜お前・・・・それ絶対に平塚先生の前で言うなよ・・・・」 結衣「あ、、、、、うん・・・・・」 ピロリン 八幡「噂をすれば・・・・平塚先生からLINEだ・・・」 平塚【比企谷くん、今晩は開いていますか?津田沼のなりたけにラーメン食べに行きませんか?】 結衣「平塚先生どうしたって??」 八幡「ああ、ラーメン食べに行かないかってよ。 03 ID:6DnWfAJG0 八幡「おーいおーい!待て!待ってくれ!」シュバッ ダダダダダッ 間違いない。

13
09 ID:0cNwdzKS0 女「これからアジト戻るんですよね」 八幡「あぁ、そのことなんだが……」 八幡「作戦は変更だ。

【八幡SS】比企谷小町「お兄ちゃん、大丈夫?」【俺ガイル】

❤。 52 ID:ciPXwZrP0 八幡「え? 付き合いメチャクチャ長い上に、あいつブラコンなんだけど」 雪乃「よく考えなさい。 55 ID:ciPXwZrP0 八幡「雪ノ下がキスの相手っていう理由も不明だし、そもそも学内ではダメって話 だったろ」 雪乃「……学生同士の清い関係ならセーフなのよ」 八幡「え、なにそれ。

」コンコン いろは「先輩、ノックは入りながらするものじゃないですよ!」 一色いろは、昨日から俺の彼女… やべ、そう考えると顔が赤くなってきた… いろは「先輩なに考えてるか、丸わかりですよ... そう、なったはずなのだ なのになんだこの状況は 雪乃「ふふ、ふふふふふ…」 結衣「…」ニコニコ 笑いながら追いかけてくるなよ! まじで怖いから!! ……………………………………… 時は遡り今日の放課後 俺はいつもと違って生徒会室に 向かっていた。 98 ID:0cNwdzKS0 戸塚「えへへ、恥ずかしいねこういうの」 八幡「ああ俺も恥ずかしい」 八幡 大勢の知り合いの前で慰められるってどんな拷問? 小町「小町も似たような気持ちかな」 小町「殺してないとはいえ、罪のない人たちを怖がらせたわけだし、お父さんやお母さんにまで手を出した」 小町「小町ね、すっごく怒ってる。

ダンジョンに出会いとボッチを添えて

⚒ プロフィール 所属 総武高校 千葉県 2年F組 誕生日 血液型 A型 家族構成 会社員 、 会社員 、: 中学3年生 、: 得意教科 学年3位 、 また文系全般が得意 希望進路 趣味 『』『』が特に好き。 19 ID:m3O8c4HG0 ??「遅れてごめーん!!」 モブ女「ユイ遅いよー!!」 ??「由比ヶ浜結衣でーす!遅れてごめんなさい!」 八幡(げ・・・・由比ヶ浜が来るとは・・・・・・・・・) モブ男「・・・・んでこいつは同じゼミの比企谷くん。 クラス全員の心の中が聞こえる 」 クラスの不良 おせーな平塚 クラスの人 放課後カラオケ行こうかな? 平塚 比企谷は遅刻してないかな? 八幡「 どうやら平塚先生が来たようだな 」 平塚「遅れてすまない... 凄く助かります』ニコッ 八幡「 マジで助かるわ雪ノ下 」 雪ノ下「では行きましょうか」 八幡『行くぞ』 西宮『』コクッ• 2016年09月04日 日 19:28 改 2016年09月04日 日 21:26 2016年09月04日 日 21:35 2016年09月04日 日 21:59 改 2016年09月04日 日 22:15 2016年09月04日 日 22:46 改 2016年09月04日 日 23:06 改 2016年09月04日 日 23:18 改 2016年09月04日 日 23:27 改 2016年09月04日 日 23:34 改 2016年09月04日 日 23:42 改 2016年09月04日 日 23:49 改 2016年09月04日 日 23:55 改 2016年09月05日 月 00:04 改 後日談/番外編 2016年09月06日 火 22:31 改 2016年09月06日 火 22:56 改 2016年09月06日 火 23:27 改 2016年09月07日 水 00:34 改 2016年09月07日 水 00:47 改 2017年08月08日 火 02:30 2017年08月08日 火 12:42 2017年08月12日 土 00:16 2017年08月13日 日 00:56 改. おめでとう」 大志「えっ?誰から聞いたんすか?」 雪ノ下「………今さっき、比企谷くんからね」 大志「……話したんすか?」 雪ノ下「ええ。

16
91 八幡「・・・というわけで、今日は非常にリラックスできたんだ」 小町「良かったじゃん! 雪乃さん達に感謝しないとね」 八幡「あぁ・・・だが、なんだってあんなことをしてくれたのか、俺には理解できないがな」 小町「どうして?」 八幡「どう考えてもメリットがないだろ、明日が怖ぇよ」 小町「好意がない相手に、こんなことしないと思うよ?」 八幡「はっ! 馬鹿馬鹿しい。

ダンジョンに出会いとボッチを添えて

😜 05 ID:sB7pfCBiO [由比ヶ浜結衣の憂鬱] 結衣「ヒッキーとゆきのんが付き合ってる? 冗談きついよゆきのん…………」 ゆきのん「…由比ヶ浜さん。 72 ID:m3O8c4HG0 八幡(はぁ・・・現在、23時30分、ちょっとだけだからといったつもりがこんな時間になってしまった) 八幡(今、由比ヶ浜は隣でずいぶんと酔っ払っている) 八幡「おい由比ヶ浜、そろそろお前電車なくなるんじゃねーのか?」 結衣「えーもうそんな時間んー?ヒッキー今何時?」 八幡「11時半だ、お前家帰れるのか?」 結衣「あ、やっばい!急がないと」 27:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

10
1章 駆け出し編 2020年10月08日 木 18:55 改 2020年10月11日 日 10:12 改 2020年10月11日 日 22:59 改 2020年10月18日 日 17:21 改 2020年10月24日 土 10:10 改 2020年10月29日 木 17:11 改 2020年11月05日 木 22:02 改 2020年11月10日 火 16:52 改 2020年11月14日 土 21:52 改 2020年11月21日 土 15:28 改 2020年11月29日 日 22:10 改 2020年12月13日 日 21:25 改 2020年12月20日 日 09:04 改 2020年12月25日 金 20:16 改 2021年01月04日 月 04:38 改 2章 探求編 2021年01月11日 月 20:00 改 2021年01月17日 日 20:50 2021年01月19日 火 21:04 2021年01月23日 土 23:26 改 2021年02月01日 月 21:00 改 2021年02月14日 日 22:44 改 2021年02月23日 火 18:13 改 2021年03月10日 水 23:14 2021年03月18日 木 17:05 2021年04月05日 月 00:06 2021年04月29日 木 22:48 改 2021年05月10日 月 23:21 2021年05月20日 木 12:05 2021年05月24日 月 22:16 2021年06月06日 日 18:18 改 2021年06月20日 日 17:07 2021年06月22日 火 05:57 改 2021年06月27日 日 21:53 改 2021年06月29日 火 10:55 改 2. 楽しみです』 雑貨店 八幡「いっぱいあるな」 由比ヶ浜「硝子ちゃんどんな色のマグカップがいいのかな?」 雪ノ下『マグカップの色は何がいい?』 西宮『水色』 雪ノ下「水色だそうよ」 八幡「なるほど、なら青系の色で探してみるか」 八幡『気に入ったのがあったら知らせてくれ』 西宮『分かった。 こんなの初めてだから】カキカキ グッスン 八幡【今日の放課後、一緒にいくぞ】カキカキ ナデナデ 西宮【そろそろ教室戻るね。

【俺ガイルSS】八幡「彼女ができた」雪乃「」結衣「」

👌 76 ID:hLU5NYUb0 八幡「………うん」 八幡「……おう」 八幡「……………なるほどな、わかった」 八幡「雪ノ下」 八幡「残念だけどお喋りはここまでだ」 雪ノ下「その答えが………ッ!」 八幡「交渉決裂だ。 04 ID:6DnWfAJG0 葉山・・・おまえ・・・そんな隅っこでなにしてる・・・? イヤホンさして机に突っ伏してって・・・ それは俺の仕事だろう? 戸塚「はちまーん、どーしたのー?」 戸部「もう最近変だべ」 八幡「なあいつもあんな調子なのか? あいつ」 戸塚「そーだよ。

2
08 ID:hLU5NYUb0 八幡「警察は?」 テロリスト「……未だに動きを見せません」 八幡「……そうか」 八幡「警察の諸君、そろそろ20分が経過する。